「安全な風俗店」について考え、解説していくサイト

安全な風俗店を見分ける知識を得ていこう

風俗業という業種の定義と法律

法律で「風俗」とされているものは「風俗営業」というのですが、それは以下の種類が存在します。
まず、キャバレーやカフェなどの遊興や飲食をさせる場所、一定以下の照度で「接待を伴わない」飲食店(ライブハウスやクラブ)、区画席を設けた喫茶店やバー、マージャン店、パチンコ店、スロットマシンの置いてあるお店や、ゲームセンターなどです。
更に、性的サービスを施す店を「性風俗特殊営業」と言います。
これらは、ソープランド、ファッションヘルスやデリバリーヘルス、ホテルヘルス、性感マッサージ店、ラブホテル、アダルトグッズや個室ビデオ店、アダルトグッズやアダルト動画の通信販売サイトなどが挙げられます。
これらは全て、営業時間や店舗の立地などに厳しい規制が課せられ、未成年などが安易に出入りできないように配慮されています。

風俗店の基礎知識、利用方法

さて、性風俗店を利用する場合には、どのように利用すればよいのでしょうか。
たとえば、あるファッションヘルス店(本番行為を伴わない性的サービスを行うヘルスの中でも、例えばシチュエーションに特化したプレイができるなどのタイプのヘルスのこと)を利用したいと思った場合、まずは予約を入れます。
予約時にはどの風俗嬢にサービスをしてもらいたいか、指名をすることもできますし、ランダムに楽しみたい場合はその旨依頼すれば、当日空いている風俗嬢にサービスを頼むこともできます。
予約をしたら、当日そのお店に向かい、サービスを受けて、料金を支払って楽しむ、という流れです。
支払いのタイミングは、トラブル防止の観点からおおむね前払いが多いですが、時間を延長した場合などはその分を退店時に支払うこととなります。


この記事をシェアする