「安全な風俗店」について考え、解説していくサイト

働く側、利用する側双方で気になる点など

利用者側から見た「安全性」

まず、この項において、利用者からも働き手からも大事にされている部分について解説すると、それは「健康や清潔面」のことになります。
性的サービスを施してもらえる性風俗店は、性器に対して愛撫やマッサージなどを行うことになるわけですが、プレイの内容にもよりますが、性感染症への罹患が、いちばん不安に感じられるところです。
性感染症は他人に相談しづらい病気であり、なおかつ生活に不便や不快感を長い間もたらしますので、この部分にはどちらの立場でもデリケートになります。
利用者として気になる部分は、身体面の安全性だけでなく、不安なくお店に入って、安心してお店を出られるかという部分です。
特にそれは料金の部分で表に出てきます。

働き手から考える安全性とは

先の項で挙げた通り、風俗店で働く側も気になるのは「性感染症」についてです。
しかし風俗嬢の場合は、単に感染しないかどうかということ以外に、そもそも「感染を防ぐ予防策をきちんと実施してくれているのか」ということを特に大事に考えています。
「実施しているのか」という対象は、お客さんだけでなく、店舗の設備や日々の清掃や店舗管理など雇用主にも向けられています。
また、風俗嬢は、サービス中は基本的にお客さんと一対一になりますから、自分が安全にプレイを全うできるのか、お客さんから危険な目に遭わされたりしないかなども不安に感じます。
更に、風俗店は非常に体力的にも精神的にも負担の重い仕事ですから、新人のとき、辞めるとき、そして仕事を続けていくにあたり、給与面や肉体的なケアなどもおこなってくれるかどうかという部分も懸念しています。


この記事をシェアする